ようやく修復。

本日只今、台風により自宅待機中。

ようやくこちらに遊びに来られました。

 

H.I.D.が壊れてはや1か月、

 

 

ようやく修復完了しました。

 

遅かった理由は、パーツに手間取ったこと。

 

僕の買った製品(光箱ってやつでした)は、

メーカー?製品?が、無くなったくなったのか、

検索しても出てきません。

かといって、「やはり」、と言った感じで、

他社でも702Kはまったくない!

 

逆に「LEDならあるのでは?」と、思い、

探したけど、やっぱり出てこない。

ここまでないと、作った1社が人気沸騰!と

なるのではないかと思うんですけどね、ええ。

そんな中、見つけたのが2つ。

修復用スイッチングキットが2000円ほどだったのですが、

と、同時に1社のみ、702Kのキットが1つだけ見つかりました。

 

 

8000Kなのが、ちょっと気になるところでしたが、

考えてみると、7000円でフルキットであれば、

バラストもバーナーも予備のパーツとして使えるし、

5000円差であればいいや!とばかりに買ってみました。

 

ところが・・・

 

 

こちらの製品、702K、一応ビート対応とありましたが、

+電源を取って来なきゃならない。

つまり、少々面倒くさいわけです。

本来はそちらの方が良いのはわかってる。

とは言え。バッテリーからプラスを取るのは面倒。

Webで検索すると、フォグのスイッチ部から

取ることも可能らしい。

しかし、30Aかな?の電源をそこからとっていいのか?

などと思ってるうちに、2000円であるのであれば、

試しでもいいし、使えればフルキットはそのまま予備で

持っときゃいい、と、一旦リレーキットのみを買うことに。

 

到着後、すぐにテスト。

 

 

思ってはいたものの、

やはり点灯!と言うことで、左右とも組み付けます。

 

ところが・・・

 

 

左を交換しようとしたら、「パキン!」とバルブを押さえる

ワイヤーのパーツが外れてしまいました。

壊れたかな!?と、思いつつも、夜だったので

ここであれこれやると、余計に悪いかも、

と言うことで、翌日、作業。

一旦、予備のヘッドを確認すると、ワイヤーを押さえる

ネジを緩めることで簡単に脱着出来る事を確認。

 

ところがご存知のようにビートのヘッド後ろは

ドライバーの入るスペースなんざ無い。

と言うことで、あれこれ探すと

 

 

このリール用の簡易工具が使えそう。

早速試してみると、簡単にはいかないものの、何とか使え、

 

 

無事に完成です。

 

 

これで快適な夜のドライブが。

ところが・・・

 

 

光軸に少々問題あり。

と言うか、これはタイヤの問題とも重なって。

その辺のお話はまた今度タイヤのお話の時でも。

 

ま、来週車検なので、その時に調整してもらうかな、と。

 

外、凄い風になってきました。

皆さんも十分ご注意くださいね。

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.03.20 Wednesday
  • -
  • 10:10
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM