車検に通らない!?

と、言うことで、10年目の車検です。

 

 

予定では悪いところはほとんどないので

2日間で終わる予定でした。

 

ところが、その2日目、

 

「すいません、シートが車検に通りません。」

 

とのコト。

 

僕のシートはエスケレート、コンパクト。

 

 

フルバケの中では数少ない車検対応タイプ。

なのに、通らないってドユコト?

ホンダさんからは、

 

「今まではこの対応タイプで問題なかったんですが、

昨年、法改正で、書類の提出も必要になったようです。

検査官がメーカーより取ろうとしたようなんですが、

(と言うことは、本来対応品であることを知ってた?)

無理だった様なので、お手数ですが、

メーカーから書類を取っていただけませんか?」

 

とのことでした。

 

(もう一か所、車検に引っ掛かりました。)

 

で、エスケレートさんにお尋ねすると、

 

「そうなんです、昨年から必要になりまして。

シリアル貰えれば直ぐにお送りしますので、

お問い合わせよりアドレスをお願いします。」

 

とのこと。

 

非常に早い対応で、

「さすがエスケレート!ちゃんとしたメーカーは違う!

これだとさほどの手間暇も掛からないな。」

と、思い、メールを待つと、これまたすごい量の

(DROP BOXからDL)書類が届きました。

 

 

もう少し簡単な

「このシリアル番号のシートは正式な対応品ですよ」

的なものだと思ってたんですが、

なんと、素材の詳細から強度検討書からテストから・・・。

 

そもそも保安基準対応品の扱いを受けてたのに、

これはいったい何?

 

で、この資料を見ると、昨年2017年4月以降生産分は、

「ASEA適合書」なるものがシートに張り付けされるように

なっているようです。(写真左です。)

 

 

また、シートレールに取り付けるアダプターも

この時期を境にシリアル、刻印が入るようになっているようです。

時期から考えるに、この法改正による追加ではないかと思います。

(あくまでも、私の想像でしかありません。)

 

これ(ASEA基準登録証や、シートアダプターのシリアル)が

ないのが問題で、その場合はこれほどの書類がいるのか?

だけど、昨年4月まではちゃんと適合品なので

書類なしで通ってたんじゃないか?

と、まぁ、多少と言わず、しっくりこないものを感じつつも

書類を提出して無事に車検を終えました。

 

 

ちなみにいつものホンダホーンボタンでは

ラッパマークが無い為に車検はNG。

なので、久しぶり、と言うか、初めてだな、

 

 

ナルディ純正ホーンボタンに変更です。

改めて見てみると、

 

 

なんかこれはこれで良いな、と、思い、

しばらくはこのまま行こうと思います。

 

シート交換で車検に行く方(Ryou君もやね!)、

お気をつけくださいね。


スポンサーサイト

  • 2019.03.20 Wednesday
  • -
  • 12:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM